スポンサーリンク

「Sonny Boy」4話。サル・ゲッター賭けてエースと野球で勝負する

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
8月5日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「Sonny Boy」第4話「偉大なるモンキー・ベースボール」のあらすじと場面が公開された。 シンクホールに飛び込んで遊んでいる最中、自分に世界をワープさせる能力が備わっていることを知る長良。キャップはそんな彼を、野球の練習に誘う。場所はキャップが整備したという、お手製の野球場。しかもそこには目に見えないサルがいるという。サルが存在する世界を見るには、エースが持っている「サル・ゲッター」なるアイテムが必要。長良は、サル・ゲッターを賭けてエースと野球で勝負をすることになってしまう。 ■TVアニメ「Sonny Boy」とは 夏目真悟さんが監督・脚本を務めるオリジナルTVアニメ。監督・脚本は夏目真悟さん、キャラクター原案は江口寿史さん、キャラクターデザインは久貝典史さん、アニメーション制作:マッドハウス。 長い長い夏休みも半ばを過ぎた8月16日。学校に集まっていた中学3年生・長良〈ながら〉たちは突然、思いも寄らない事態に巻き込まれていた。長良自身はもちろんのこと、謎の転校生・希〈のぞみ〉や瑞穂〈みずほ〉、朝風〈あさかぜ〉ら、36人のクラスメイトとともに、学校が異次元に漂流してしまったのだ。しかも彼らは、漂流と同時にさまざまな《能力》を入手。人知を越えた能力に大喜びし、好き勝手に暴れ回る者もいれば、リーダーとして他の生徒たちを統率しよう

リンク元

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
phg38212をフォローする
スポンサーリンク
萌え萌えまとめ速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました