スポンサーリンク

「2.43 清陰高校男子バレー部」最終回。試合後に灰島が倒れる

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
3月25日よりフジテレビ"ノイタミナ"ほかにて放送されるTVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」#12(最終回)「滑走路」のあらすじと場面が公開された。 ついに決着がついた代表決定戦。試合後の整列と同時に灰島は倒れてしまう。自宅で目を覚ました灰島の元に、清陰高校男子バレー部のメンバーが集まってくる。なぜかニヤニヤするチームメイトを不審がる灰島だったが...? ■TVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」とは 原作は壁井ユカコ先生、監督は木村泰大さん、シリーズ構成は黒田洋介さん、キャラクター原案は山川あいじさん、キャラクターデザイン・総作画監督は高橋裕一さん、音楽は菅野祐悟さん、アニメーション制作はdavid production。 東京の強豪中学バレーチームで深刻なトラブルを起こしてしまった灰島公誓は、子供時代を過ごした母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会。ずばぬけた身体能力を持ちながらプレッシャーに弱い黒羽と、バレーへの圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との摩擦を引き起こしてばかりの灰島はエースコンビとして成長していくが、中学最後の県大会で衝突し、絶縁状態のまま二人は地元の清陰高校に進学する。男子バレー部で待っていたのは、身長163cmの熱血主将小田と、秀才で毒舌家の副主将青木の3年生コンビや日光アレルギーで常に長袖長ズボンの棺野、バレー初心者の大隈をはじめとする2

リンク元

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
phg38212をフォローする
スポンサーリンク
萌え萌えまとめ速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました