スポンサーリンク

「はたらく細胞BLACK」6話。輸出細動脈を訪れると不穏な音が…

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
1月30日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「はたらく細胞BLACK」第6話 「腎臓、尿路結石、涙。」のあらすじと場面が公開された。 「何があろうと泣き言は不要、私達は黙って働き続けるんだ!」 仕事にも慣れ始め、合間に軽口を叩きあう余裕も出てきた赤血球(AA2153)と赤血球(AC1677)。二人は仕事中に付着した汚れを洗い流すため、腎臓を訪れることに。腎臓では、血液をろ過する役割を担う糸球体達が、黙々と仕事をこなしていた。そこで若い糸球体から、とある忠告を受ける。「尿管の近くを通るときは気を付けてください……」。その後、赤血球達が尿管のすぐそば、輸出細動脈を訪れると、何かが引っかかる不穏な音が辺りに響いた……。 ■TVアニメ「はたらく細胞BLACK」とは 原作:原田重光先生/漫画:初嘉屋一生先生/慣習:清水茜先生の同名コミックが原作。監督は山本秀世さん、シリーズ構成は森ハヤシさん、キャラクターデザインは安彦英二さん、音楽は菅野祐悟さん、アニメーション制作はライデンフィルム。 毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。しかし彼の職場(世界)の労働環境は、徹底的にブラック――!! 飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか? これは、あなたの体の物語――。 赤血球役を榎木淳弥さん・KENNさん、白血球(好中球)役

リンク元

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
phg38212をフォローする
スポンサーリンク
萌え萌えまとめ速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました