スポンサーリンク

「七つの大罪 憤怒の審判」2話。ホークそっくりな一匹の生き物が

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
1月20日よりテレビ東京系にて放送されるTVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第2話「未知との遭遇」のあらすじと場面が公開された。 煉獄へと向かったバンは、ついにメリオダスと再会を果たす。親友との邂逅、感涙にむせぶ二人が次に考えるべきは、この煉獄からの脱出方法だった。その鍵は、メリオダスを煉獄へと閉じ込めた、父たる魔神王が握っていると彼らは予想する。身辺を整えながら、手探りで状況を変えようとする二人の前に、見慣れた一匹の生き物が姿を現す。それはホークと瓜二つの「ワイルド」だった。 ■TVアニメ「七つの大罪」とは 「七つの大罪」は2014年10月よりTVシリーズ第1期全24話が放送され、2016年8月からTVスペシャル「七つの大罪 聖戦の予兆」全4話、2018年1月にTVシリーズ第2期「七つの大罪 戒めの復活」が放送された。2018年8月には「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」が公開されている。監督は西澤晋さん、シリーズ構成は池田臨太郎さん、アニメーションキャラクター設定は西野理恵さん、アニメーション制作はスタジオディーン、アニメーション制作協力はマーヴィージャック。 いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かたれてはいなかった古の物語。リュドシエル率いる〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族による聖戦は、ブリタニア全土を巻き込み激化。3つの戒禁を取り込んだエスタロッサは暴走し、エリザベス

リンク元

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
phg38212をフォローする
スポンサーリンク
萌え萌えまとめ速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました